工場で長く働き続ける為に。心がけておきたい対人関係の基本的なマナー

あいさつは必ずするようにする

工場での仕事は人間関係が楽だというイメージを持っている人がいて、その程度の認識なら問題はないです。ところが、中には誰とも話をしなくても良い、マナーなど気にしなくて構わないと思っているケースもゼロでないですが、それは勘違いです。
工場の仕事と言えども、そこにはきちんとした人間関係が存在します。一人で働いでいるわけではないため、最低限のあいさつくらいはできるようにしておくのが良いです。
特にベテランの中にはプライドの高い人もいて、新人があいさつをしないと途端に無視をされる場合もあるのです。その反面、少し笑顔を浮かべるだけで印象が良くなり、驚くほど働きやすくなることもあるので、やってみる価値はあるでしょう。

話題を一つ持っておく

どのような工場で働くのかにもよるのですが、たいていは朝と昼、それから夕方にそれぞれ休憩があるものです。自分の車の中に逃げ込んでも良いのですが、頻繁に行っていると愛想がないと思われます。酷くなると、自分たちのことを嫌っているなどといったあらぬ噂が立ってしまうこともあるので要注意です。 そのため、はじめのうちはみんなが集まっている場所にいる方が無難でしょう。そして何でも良いので話題にできるようなネタを持っておくとさらに良いです。男性が多い職場なら野球のルールくらいは知っておくと話しやすいです。女性ならワイドショーのことを話題にしてみると会話に加わりやすく、一度でも輪に入れれば除け者にされることは少ないです。