工場でよくある交代勤務。生活のリズムを狂わせないために取るべき対策とは?

食事のリズムを整える

工場での交代勤務は、日勤と夜勤の繰り返しで生活のリズムも狂いがちです。休日に適度な運動をするなど、疲れにくい体を作るのも有効な対策になります。夜勤初日は眠くなりやすいため、勤務前に十分な仮眠をとっておくことも大事です。夜勤から帰宅したときはカーテンを閉めて、暗く静かな環境を作ると寝付きやすくなります。夜勤で食事をとる時間は、日勤と同じリズムにするのがポイントです。日勤で朝7時・昼12時・晩20時なら、夜勤では朝19時・昼0時・晩8時にすればリズムも狂いにくくなります。夜勤明けは外が明るく目も冴えやすいため、なるべく寄り道をしないで自宅へ帰ることも大切です。体調を確認しながら、少しずつ慣れていきましょう。

生活リズムをこまめに入れ替える

日光によって人間の体内時計もリセットされます。夜勤明けで外へ出たら眠気がなくなったというのも、体内時計の働きによるものです。日中は交感神経が活発になり、体温も上がりやすくなります。夜勤明けに寝るときは、毛布や布団を薄めにしておくと寝苦しさも感じにくいはずです。睡眠時間をしっかり確保すれば、一日の疲れも解消しやすくなります。日勤と夜勤のシフトがバラバラに入っているときは、生活リズムもこまめに入れ替えなければなりません。スケジュール管理はもちろん、休日の過ごし方にも気を配る必要があります。工場の求人は交代勤務が多く、夜勤手当も付いているのが特徴です。新しい環境で、自分に合った働き方を探してみて下さい。