工場で働きたい!あらかじめ知っておきたいメリットとデメリット

工場での作業は非常にクリーンな環境で行われることが多い

工場での仕事は比較的安定して求人が存在しているため、すぐにでも働きたい人に向いています。ただ、工場での仕事はどうしても閉鎖的な環境で行われるので、仕事の内容がわからず不安に思う人も少なくないでしょう。また、ドラマに出てくる車の整備工場のイメージで、服がすぐに汚れるなど大変なことが多いという風に考えているかもしれません。
では、本当はどんな感じなのかというと、実は非常にクリーンな環境で行われることの方が多いのです。なぜかというと、物を作っている工場内が汚かったら、製品の内部にゴミが混入してしまうかもしれないからです。精密機械を作っている工場では、ただ綺麗なだけではなく、空気中のちりやほこりすらほとんど存在しないという環境が保たれていることも珍しくありません。

同じ作業の繰り返しが苦手な人は大変

働きやすさという点ではどうかというと、仕事の内容としては組み立て作業であればパターン化されているものをミスすることなく繰り返すことが求められ、そういったことに飽きやすい人でなければこなすのは比較的簡単です。営業職のように毎日、知らない人に会ったり、電話をかけて話したりする必要がなく、その点でも楽といえるでしょう。
工場で仕事をすることのデメリットとしては、変化に乏しいことが挙げられます。修理工場であればいつも違った問題に取り組める面白さというのがありますが、組み立て工場の場合は同じ作業を続けることになるので、達成感が得られにくいかもしれません。また、二週間ごとに日勤と夜勤が入れ替わるという工場だと、体内時計を合わせるのが大変です。